避妊以外にも効果的|女性なら特に低用量ピルのことを深く理解しておくべきです

避妊以外にも効果的

オレンジの薬

低用量ピルといったらよく避妊に対する目的だけだと思われていますが、実は避妊以外の面でも必ず役に立ってくれます。
主に月経の不調だったり、あとはホルモンバランスが乱れたときに低用量ピルを使うことで改善できたりするのです。
だからこのような不調がよく出てしまう人は、積極的に低用量ピルを持ち歩くようにしてほしいと思います。

ではここで低用量ピルを使う前に、女性ホルモンについての話をしておきたいと思います。
そもそも女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンという二種類のホルモンによって成り立っています。
ちなみにエストロゲンは卵胞ホルモン、プロゲステロンは黄体ホルモンともいいます。
これらのホルモンは両方とも妊娠させる上では必要な働きをしてくれます。
具体的にはエストロゲンが分泌されることで子宮内膜が厚くなり、卵胞が成熟してそこから排卵されていきます。

この卵が受精して、さらに子宮内膜に着床してしまえばそれが妊娠という結果に結びつきます。
ここからプロゲステロンが分泌されて、妊娠状態を維持する働きをします。

ただ、排卵のあとに受精して着床してない場合は、子宮内膜がはがれるようになり、そのまま経血として外に出ます。
これがいわゆる「月経」と呼ばれるものです。

およそ排卵までの卵胞期が2週間、そして月経までの黄体期がさらに2週間、ということで合計28日の周期により、月経が何度も繰り返されます。

そして低用量ピルを飲むことによって、その月経周期をずらすことができるのです。
おそらくここまで深く女性ホルモンのことを知ってる人はあまりいないでしょう。